忍者ブログ

月見亭オソライソ

 旧大日本帝国海軍艦艇の艦内神社分霊元巡礼や、アニメ・ゲームの舞台探訪な活動記録。

プロフィール
HN:
池月つかさ
HP:
性別:
非公開
職業:
池月技研代表取り締まられ役
趣味:
舞台探訪(巡礼)とか、バイクとか車とか
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
カレンダー
12 2017/01 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/24 バーバリー 銀座]
[12/24 シャネル時計 ベルト交換 持ち込み]
[12/24 ルイヴィトン時計 ムーブメント]
[12/24 カルティエ 結婚指輪 幅 選び方]
[12/24 オメガ ff12]
最新トラックバック
RSS
リンク
応援しています

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.01.19 (Thu)
Category[]

【巡礼記】【艦これ】旧帝国海軍艦艇 艦内神社巡礼ツアー


DATE : 2014.08.09. -Sat-
TITLE : 艦隊これくしょん -艦これ-
PLACE : 山形県飽海郡遊佐町、山形県鶴岡市羽黒町
ランドマーク : 大物忌神社、出羽三山神社




アリューシャン、ミッドウェー…。
暗号の解読、慢心、運命の5分間…。
うっ、頭が。



ウチには当時の新聞が何部かありますよー。

閑話休題

いよいよ大規模作戦のMIが開始されるということで、再び守護神社(艦内神社)の本社へ戦勝祈願に行ってきました。

今回は一等巡洋艦(重巡)の、鳥海の大物忌神社と羽黒の出羽神社です。

では、早速いってみよー。

マルゴーマルマル
起床して、まずは演習と遠征等、簡単なデイリー任務をこなして出発。
台風の影響で大荒れの天候になるのは覚悟の上。
あ、今回から雑誌『歴史群像』の付録、艦内神社探訪ガイドを導入してます。



下道を延々と走り続け約4時間、大物忌神社に到着。
途中、小物忌神社にも立ち寄りましたが、本命ではないので写真撮ってないの。



鳥居をくぐる前に社号標(神社名が彫られた石柱)を見ると海軍大将東郷平八郎と彫られていて、ここが海軍に縁のある神社だということがよく分かります。
艦内神社ガイドに記述が無かったので、これを見た瞬間にテンションが上がったのはいうまでも無いでしょう。

 

天候のせいもありますが、薄暗くてなかなか『良い』雰囲気です。

参拝後に、御朱印と厄除けのお守りを戴いて離脱。

続いて、羽黒山へ。



車で山頂付近まで行けるんですが、今回は『いでは文化記念館』に車を停めて、表参道の2446段の石段を登ります。

 

途中、国宝の五重塔へ。→リンク(Wiki)



参道を登ること2時間、ようやく神社へ到着。
山岳信仰の聖地ではありますが、観光地化されてますね。



まずは、WWⅡの慰霊碑に合掌。

 

続いて、三山神社へ参拝。
右から出羽神社、月山神社、湯殿山神社です。
月山神社は重巡最上の守護神社(艦内神社)でもありますね。
後から知ったんですが、『最上』に奉斎された分霊が還霊されたのは、月山山頂の本宮ではなく、こちらの月山神社だということです(同日に『羽黒』の還霊も行われている)

今年は午年。
開山したのが午年ということで、12年に一度の午歳御縁年に参拝すると12年分の御利益があるとされています。



また、
蜂子神社の御開扉も行われ、明治の神仏分離令により140年間一般公開されることの無かった出羽三山の開祖とされる蜂子皇子の御尊像が公開されていました。→参考リンク

今後の公開予定は無いということで、一生に一度ではすまない貴重な経験をしました。

眼福という他ありませんね。

さて、東北エリアで残ってるのは二等巡洋艦(軽巡)阿武隈の、福島は白河の鹿嶋神社か。
いつ行こうかな。



当記事執筆時点で、俺艦隊司令部はE1しかクリアしてません
PR
2014.08.12 (Tue)
Category[【大日本帝国海軍】]
Comment(0)

コメント

この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright © 池月つかさ All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.
Template-Designed by ガスボンベ.